業務委託の契約書を作成するなら【行政書士長谷川事務所】へ(ひな形やサンプルの作成に対応)~業務委託の契約書を作成する際の注意点~

業務委託の契約書の作成は【行政書士長谷川事務所】へ~ひな形やサンプルの作成等に対応~

業務委託の契約書の作成は【行政書士長谷川事務所】へ~ひな形やサンプルの作成等に対応~

業務委託契約書をお求めの方は、ぜひ【行政書士長谷川事務所】へご相談ください。

【行政書士長谷川事務所】では、契約書のひな形サンプル作成を行っており、契約法に精通する専門家の視点から、お客様専用のひな形・サンプルをご提供いたします。

業務委託の契約書など、各種契約書の作成をお考えなら、ぜひ【行政書士長谷川事務所】へご相談ください。

業務委託の契約書をお求めなら【行政書士長谷川事務所】へ~リーズナブルな価格で専門家のサポートが受けられます!~

業務委託の契約書をお探しの方は【行政書士長谷川事務所】のMAXテンプレートをご利用ください。【行政書士長谷川事務所】が提供するMAXテンプレートの「マックスプラン」は、契約書のひな形・サンプルの作成はもちろん、追加テンプレートのリクエストや専門家への相談も可能です。

現在では契約書のひな形は無料で手にすることができますが、自社に合わせて手を加える場合、法律に関する専門知識を要します。専門家と共に契約書の作成を進めたいとお考えなら、ぜひ【行政書士長谷川事務所】へご相談ください。

業務委託の契約書を作成する場合の注意点とは?

業務委託を行う場合は契約書を用いるのが一般的ですが、この契約書を作成する際は以下のような点に注意しなければなりません。

業務内容・委託方法の明確化

業務委託の契約書を作成する場合の注意点とは?

業務内容や委託の方法が明確に記されていない場合、それが原因となってトラブルを招く可能性があります。

契約書はトラブルを未然に防止することを目的としているため、双方の認識にズレが生じないように、各項目を明文化しなければなりません。同様にして、お互いの理解に齟齬が生じるような内容を記載しないように注意する必要があります。

委任と請負の違いに注意!

委任と請負はどちらも「第三者に何らかの依頼をする」というものですが、この2つは全く異なるものです。そのため、業務委託の契約書作成においては委任なのか請負なのかを意識しなければなりません。

両者の違いを簡単に紹介すると、「委任」は契約した内容に対し、善管注意義務を以って遂行すれば報酬が支払われますが、「請負」は契約した内容に対して結果を出さなければ(製品の完成など)報酬の支払いが行われません。このように、委任と請負は法的性格が異なることから、その違いを明確に把握した上で契約書を作る必要があります。

お役立ちコラム

業務委託の契約書なら【行政書士長谷川事務所】へ

サイト名 MAX-TEMPLATE
URL https://www.max-template.com