業務委託の契約書のテンプレート(例)をお求めなら【行政書士長谷川事務所】へ~契約書の作成・修正を専門家に任せた方が良い理由~

業務委託の契約書をお求めの方は【行政書士長谷川事務所】へ~テンプレート(例)の提供から個別相談まで対応~

業務委託の契約書をお求めの方は【行政書士長谷川事務所】へ~テンプレート(例)の提供から個別相談まで対応~

業務委託契約書をお求めなら【行政書士長谷川事務所】へお申しつけください。【行政書士長谷川事務所】はテンプレート)の提供から、契約に関する個別相談にも応じております。

業務委託の契約書を適切に利用するためには、テンプレートの状態から各取引に応じて手を加え、自社に有利な契約書を作成する必要があります。

【行政書士長谷川事務所】は、こうしたテンプレートの提供に加えて、契約書の作成にも対応いたします。個別相談につきましては、有料プランのみ利用可能です。あらかじめご了承ください。

業務委託の契約書は【行政書士長谷川事務所】へお任せください~3つのプランから自社に合ったものを~

業務委託の契約書をお求めなら、【行政書士長谷川事務所】へご相談ください。【行政書士長谷川事務所】は「無料プラン」「ミニマムプラン」「マックスプラン」の3つのプランを設けており、自社の状況に合わせて利用するサービスをお選びいただけます。

各プランの内容につきまして、万が一ご不明な点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

契約書の修正は専門家へ!~専門家へ任せた方が良い理由とは?~

契約書の修正は専門家へ!~専門家へ任せた方が良い理由とは?~

契約書のテンプレートを手にした後は、自社に合わせてその内容に修正を加えるものです。テンプレートに手を加える場合は、以下のような理由から専門家へ相談することをおすすめしております。

契約書の不備による信頼喪失を防ぐ

契約書の内容に不備があった場合は、契約締結に至らない確率が高まるほか、仮に契約を結んだ場合でも自社の信頼を喪失させる可能性があります。

契約書の作成・修正においては取引の性質に応じて不要な条文を削除することはもちろん、内容に矛盾が無いか、不明確な点は無いか、誤字脱字は無いか等をしっかりと確認しなければなりません。

専門家に任せることで、契約書不備のリスクを防ぐことができます。

法律違反のリスクを防ぐ

契約書作成において最も重視したいのが「法律違反にならない契約書を作成すること」です。法に触れる契約書は企業の信頼を失わせるばかりでなく、万が一争いが起きた場合は思わぬ損害を被ることも考えられます。現在ではインターネット上で多くの無料テンプレートをダウンロードできますが、中には、法に触れるようなものが混ざっている可能性も否めません。

また、適切な知識を持たないまま手を加えたことにより、法律違反になることも考えられます。いずれにしても、あらかじめ行政書士に契約書の作成・修正を依頼しておけば、これらのリスクは防げます。

お役立ちコラム

業務委託の契約書なら【行政書士長谷川事務所】へ

サイト名 MAX-TEMPLATE
URL https://www.max-template.com