法務文書のひな形を用意したい方は【行政書士長谷川事務所】へ(NDA・OEMなどの契約書をお求めならご連絡を)~契約期間は定めるべきか?~

法務文書のひな形が必要なら~様々な契約書(NDA・OEMなど)のひな形を用意可能です~

法務文書のひな形が必要なら~様々な契約書(NDA・OEMなど)のひな形を用意可能です~

法務文書ひな形を手に入れたい方は、【行政書士長谷川事務所】にお問い合わせください。様々な契約書(NDAOEMなど)のひな形を作成可能です。

法務文書のひな形を作成する場合は、フォームに必要事項を入力してこちらに送信していただく必要があります。入力してくださった内容を確認した上で、それぞれに合ったひな形を納品いたします。

契約をする前に確認しておきたい~契約期間は定めるべきか?~

契約をする前に確認しておきたい~契約期間は定めるべきか?~

相手と契約をする場合、契約期間を定めるべきかどうかで悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?結論から申し上げると、契約する内容によって異なります。

例えば、たった一度のみで完了する売買契約の場合でしたら、期間にこだわらなくても良いケースもあるかもしれません。

しかし、継続的に取引を行わなければならない場合は、しっかりと契約期間を定めた方が良いです。

終了日をきちんと決めておかないと、終了させたくても中々終わらせられず、トラブルに発展するケースがあります。契約期間を定める際は、誰が見てもあきらかな内容で契約書に記載することが大切です。記載する方法に明確な決まりはないものの、「何年何月何日から何年何月何日まで有効」「締結日から発効後、以後何年有効」などのスタイルで記載すると分かりやすいです。

実際に契約期間を決める際は、契約に携わる方達でしっかりと話し合う必要がありますので、事前に確認することをおすすめします。

法務文書のひな形を作成するなら【行政書士長谷川事務所】へ

法務文書のひな形を作成したい方は【行政書士長谷川事務所】にご連絡ください。高品質ながらもリーズナブルな価格でひな形を作成し、提供できるのが【行政書士長谷川事務所】の強みです。

また、必要な時に継続的なご相談を承るサポート体制も整えていますので、法務文書について何か困ったことがありましたら、お気軽にご相談ください。分かりやすくアドバイスさせていただきます。

お役立ちコラム

法務文書を作成するなら【行政書士長谷川事務所】へ

サイト名 MAX-TEMPLATE
URL https://www.max-template.com