契約書の雛形をお求めの方は【行政書士長谷川事務所】へ(代理店・合意解除などの契約書の作成に対応)~契約における任意規定とはどんなものか~

契約書の雛形の作成は【行政書士長谷川事務所】へお任せください~代理店・合意解除などの契約書作成に対応~

契約書の雛形の作成は【行政書士長谷川事務所】へお任せください~代理店・合意解除などの契約書作成に対応~

契約書雛形を作成するなら、ぜひ【行政書士長谷川事務所】へお申しつけください。【行政書士長谷川事務所】は代理店合意解除など、様々な契約に関する契約書の作成を承っております。

契約法に関する深い知識を有する行政書士が作成した雛形であり、実用的な雛形をお求めの方に満足いただけます。雛型につきましてはユーザー登録(無料)のみでご利用いただけますので、ぜひ登録をご検討ください。

契約書の雛形を提供する【行政書士長谷川事務所】は、低額かつ定額で継続的なサポートを行います

契約書の雛形をお求めの方は【行政書士長谷川事務所】へご相談ください。【行政書士長谷川事務所】のMAXテンプレートは契約書の雛形の提供をはじめ、低額かつ定額で利用できるサポートサービスを実施しております。専門家によるサポート付きであるため、より安心・安全に契約を進めることができます。

契約と深い関連がある「任意規定」とはどんなものか?

契約と深い関連がある「任意規定」とはどんなものか?

ビジネスの世界においては他社と契約を結ぶことは日常茶飯事です。しかしながら、契約に関する法律を的確に把握している方はあまり多くはありません。

ここでは、契約と深い関連を持つ「任意規定」に焦点を絞り、その概要についてご紹介いたします。

そもそも任意規定とはどんなものか

任意規定(任意法規)とは、法律で規定されているもののうち、当事者がその規定の内容と異なる意思表示をした場合に、法律の内容を任意に排除できるというものです。

逆に、当事者の特約によっても排除できない規定を「強行規定(強行法規)」といいます。契約・債権に関する法律の多くは「任意規定」であることから、契約書の作成においては、強行規定に反しないように考慮しつつ、任意規定に該当する部分をどのような内容にするかがポイントとなります。

強行規定か任意規定かは明文化されていない

個別の法律の規定が強行規定に該当するか、任意規定に該当するかは明文化されていないこともあります。そのため、実務上においては学説や過去の判例等を参考にして、各契約条項が関わる法律の規定がどちらに該当するのかを把握する必要があります。

しかしながら、こうした作業は専門的な知識を要することから、法律に不慣れな方にとって容易なことではありません。契約に関することは、契約の専門家へお任せしてはいかがでしょう。

お役立ちコラム

契約書の雛形は【行政書士長谷川事務所】へ

サイト名 MAX-TEMPLATE
URL https://www.max-template.com